HOME>トピックス>部活用からイベント用まで!ロングtシャツの活用方法

部活用からイベント用まで!ロングtシャツの活用方法

洋服

どのような場面で着用されているのか

同じデザインのロングtシャツを着ることで、仲間意識が高まり、団結力が強まることが期待されます。着ている本人たちはもちろん、見ている側も楽しい気分になれます。そんなメリットを活かして、スポーツなどの応援用に作られることがあります。たとえば自分の子どもがミニバスチームで試合をするときに、保護者がおそろいのロングtシャツを着ることで、応援がいっそう盛り上がります。応援だけで、敵チームを圧倒することさえできるかもしれません。また好きなアイドルのライブに着ていくという手もあります。そのアイドルを応援していることが分かるフレーズを入れれば、周りにいる人たちの気分を高揚させることができます。またステージに立つアイドルの目に留まれば、それだけで声援よりも強いメッセージをアイドルに伝えることができるでしょう。

複数の服

周りと差を出せるようなデザイン

イベントでロングtシャツを着る際に知っておきたいのは、他のグループも同じようにおそろいのロングtシャツを着て参加するかもしれないということです。毎年開催されているイベントなら事前に分かりますが、はじめて開催される場合に注意したい点です。とくにイベントでブースを構えて物販をするときに、より多く集客するためにロングtシャツを着る人がいます。その際に重要なことは「目立つ」ことです。人目につくためには、素材のカラー選びが大事です。そしてカラーに合ったプリント部分のデザインも、ありきたりなものよりも、唯一性があるもののほうが人の目だけでなく、心も引きつけます。デザインを一から考えるのは大変です。どんなものが作られているのか、お店のホームページなどを参考にしましょう。サンプルを見てみるとイメージがわきやすいです。