風呂リフォームを始めとする住宅に欠かせない水回りの工事

寒くなくて温かい

地獄の瞬間

風呂リフォームを行うことで最も有益な成果だといわれる部分に、寒くなくて温かい浴室が手に入るという点が挙げられます。
真冬の入浴は、浴槽に肩まで浸かることによってぽかぽかすることができるという幸せを与えてくれます。かのセックス・マシンガンズが、「お風呂に肩まで浸かればぽかぽか」と歌っていたように、風呂の中でも浴槽に浸かることには大きな魅力があります。
ですが、その魅力によって得られる幸せに辿り着くまでには、とてつもない地獄があります。それが、浴室そのものは極寒だということです。
旧時代の浴室は石畳やタイルの床が冷たくて、脱衣所で服を脱いで浴室のドアを開けると冷たい空気に襲われて、場所や状況によっては先に浴槽からお湯を室内にぶちまけて温めないことにはとても入れる状態にないこともあります。
この状態で懸念されるのは、ヒートショックという問題です。冬の暖かい部屋から全裸になって寒い部屋に移動した瞬間、身体が対応できなくて命にかかわるトラブルに繋がる危険性があります。
こういった問題を解決できる風呂リフォームの提案は、あらかじめ浴室を温めておくという提案です。
地獄の瞬間から解放されて、風呂の時間がとても楽しみになることは間違いないのが風呂リフォームで、しかも安全になるのは大きな魅力です。

浴室暖房の設置

風呂リフォームを導入した結果得られる成果に、浴室暖房の設置は重要な意味を持ちます。
まず、浴室そのものを暖かくしておくことができるため、事前にお湯をぶちまける必要も、ヒートショックを心配する必要もありません。
さらに、タイル貼りから浴室床暖房設置のユニットバスに変更することで、足から冷えるということもなくなります。
加えて、脱衣所そのものにも暖房を設置できるのが風呂リフォームの特徴です。風呂リフォームによって、服を脱ぐところからシャワーやかけ湯を楽しむところまで、一切寒い思いをしなくてよくなります。
加えて、浴室暖房を活用すると乾燥機能を利用することもできるため、洗濯物を干すスペースとして活用できる他、カビの予防にもつながります。
風呂リフォームには、ここ十数年間で培われたメーカーの努力の成果が結晶化して詰まっていることに注目するべきです。