風呂リフォームを始めとする住宅に欠かせない水回りの工事

空間を広く活用できる

窮屈な浴室

風呂リフォームを行うことで得られる変化は、浴室そのものの解体はしていないのに、浴室の空間を広く活用できるようになる、というところにも魅力があります。
この魅力は、日々の疲れを取る癒し空間としての浴室の存在意義を高めてくれることから非常に重要な意味を持ちます。
この意味によって、窮屈な浴室の空間を広くして、もっと上質な時間を過ごせる浴室に進化させられる風呂リフォームは、とても有用です。

細かな部分の見直し

図形の面積は長辺と短辺、縦と横を掛けあわせた数値で算出できます。つまり、その面接を大きくするためには、壁として存在する部分の面積を少し薄くするだけでも効果的です。
一見狭いと考えられている空間にも、数センチほどの余力があることは少なくありません。仮に一片が数センチ削減されても、面積としては数十センチの拡大に成功できます。
さらに、浴槽そのものの設計を見直すことによっても、体感上の広さが大きく変わります。
長方形の浴槽の、対角線を活用することができれば長辺の長さよりももっと大きな空間を活用できます。
今までは実現できなかった足を伸ばせる浴槽が、斜めの概念によって導入できる可能性が出てくるのも、風呂リフォームの成果です。
数センチ拡大できれば、浴槽のサイズそのものも見直せる可能性があります。詳細は見積もりをとってみることでわかってくる部分が多いですが、最新の風呂リフォームには大きな夢が詰まっています。